すでにご購入していただいた方から喜びの声が寄せられています。
ご購入者様の体験談の声をご覧になりたい方は
こちらから

勃起のメカニズム

◆勃起のメカニズム


mark3.GIF 勃起の引き金


通常、起きている時に、何の性的興奮もないのに勃起する事はありません。


勃起の引き金は、視覚、嗅覚、触覚(ズボンにすれて勃起することも含まれます)から受ける性的刺激や、性的な空想です。
それによって大脳皮質が興奮状態ななります。




mark3.GIF 勃起する為のメカニズム


興奮した信号は、脊髄 ⇒ 骨盤神経 ⇒ 骨盤神経叢(神経が集中している場所)というルートを通った後、抹消神経である陰茎海綿体神経に伝えられます。
すると、その神経からNO(一酸化窒素)が出ます。
それがきっかけになって、陰茎海綿体にある平滑筋細胞内には、cGMP(サイクリックグアノシンモノホスフェート)という神経伝達物質が増加します。


平滑筋細胞内のcGMPが増加すると、通常は収縮している平滑筋が緩むので、海綿体動脈に血液が流れやすくなり、海綿体洞には血液がドッと流れ込み、海綿体が膨張して勃起状態となります。




mark3.GIF 勃起状態を維持するメカニズム


ただ、これだけでは勃起状態を維持する事はできません。
勃起状態が持続するためには、もう一つの仕組みが働いています。


「静脈閉鎖機構」と呼ばれる仕組みです。血液の流れによって膨張した海綿体洞と、その影響を受けてパンパンに張った白膜とに静脈(貫通静脈と白膜下静脈)が圧迫され、海綿体洞から血液が逃げないように歯止めをかけるのです。
ちょうど、水が流れるゴムホースの途中を足で踏んで、水の出を止めているような状況です。




mark3.GIF 勃起状態が元に戻るメカニズム


しかし、セックスが終わると、陰茎は通常の状態に戻ります。


それは、どんな経緯でなるのでしょうか。
勃起するときとは逆の命令が下されます。
つまり、神経伝達物質が出て、「陰茎海綿体や陰茎にある血管に分布する平滑筋を収縮させて、海綿体へ流入する血液の量を減らすように」という命令を下すのです。
すると、海綿体洞にたまった血液は次第に減り、勃起状態は解除されるのです。