すでにご購入していただいた方から喜びの声が寄せられています。
ご購入者様の体験談の声をご覧になりたい方は
こちらから

性ホルモン等ホルモン療法のED治療

◆器質性勃起障害(内分泌性勃起障害)のED治療


mark3.GIF 性腺刺激ホルモン療法でのED(インポテンツ、インポ、勃起障害)治療


男性ホルモンが不足すると、勃起や射精などの性行動を促進させるドーパミンが増えない事などにより、完全に勃起しない現象が起きる可能性がある。
こういう人には、男性ホルモン補充療法、もしくはそれ以外のホルモン療法を行います。
すると、非常に良く効きます。


しかし、男性ホルモン補充療法を行うと精子を作り出す機能(造精機能)の低下を招く危険性がありますので、若い方や、これから子どもを作ることのある方には、あまりオススメはできません。


そういう場合には、脳下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンを筋肉注射します。
その刺激によって睾丸から男性ホルモンを分泌させようというわけです。
このED(インポテンツ、インポ、勃起障害)治療を週1回のペースで行います。


ちなみに、性腺刺激ホルモンは健康保険が適用されます。


ただ、ホルモン薬を使って治療する場合に共通して必要な注意があります。
肝機能障害を起こす恐れがあることです。ですから、肝機能検査は数ヶ月に1回は必ず受けるようにして下さい。
また、前立腺肥大がある人は、このホルモン療法によって悪化させる事があります。


子どもを作らないという方は、注射を男性ホルモンに切り換えてもかまいません。




男性ホルモン等ホルモン療法のED治療(インポテンツ、インポ、勃起障害)




mark3.GIF 男性ホルモン補充でのED治療(インポ、インポテンツ、勃起障害)


睾丸そのものに問題があったら、性腺刺激ホルモンは効きません。
その場合は、男性ホルモンを直接補充するED(インポテンス、インポ、勃起不全)治療を行うことになります。


男性ホルモンの場合は、2週間に1回の筋肉注射です。
ちなみに健康保険が適用されます。
性腺刺激ホルモンによる治療のときと同様に、肝機能のチェックは数ヶ月に1回受けてください。


飲むタイプの男性ホルモン製剤はあるのですが、これは肝機能障害の副作用が強くお勧めできません。