すでにご購入していただいた方から喜びの声が寄せられています。
ご購入者様の体験談の声をご覧になりたい方は
こちらから

インポのバイアグラ使用の注意点

◆インポテンツ・インポ・ED治療で、バイアグラを飲んではいけない人


mark3.GIF
硝酸薬やNO(一酸化窒素)供与薬(ニトログリセリン、亜硝酸アルミ、硝酸イソソルビドなど)を使っている人です。飲み薬だけでなく、貼り薬、舌下錠、注射、吸入剤など、薬のタイプに関係なくすべて、バイアグラとの併用はできません。
こうした薬を使用中にバイアグラを服用すると、異常なレベルに血圧が下がり、死を招くことがあります。


なぜなら、ニトログリセリンなどがcGMPの分泌を促進する一方で、バイアグラはcGMPの分解を抑制します。
結果としてcGMPが異常に増えることになって、血圧を必要以上に降下させる作用を引き起こすのです。


mark3.GIF アレルギー
今までにバイヤグラを飲んでアレルギーを起こした事ことのある人。


mark3.GIF 心臓
心臓血管系の障害などのため、医師からセックスを止められている人。


mark3.GIF 肝臓病
肝硬変など重症の肝臓病にかかっている人。


mark3.GIF 血圧
低血圧(最大血圧90mmHg未満、または最小血圧50mmHg未満)の人。高血圧(最大血圧170mmHg以上、または最小血圧100mmHg以上)の人。ただし、薬で血圧が正常値にコントロールされている場合は、のみ合わせに注意すれば、服用しても差し支えありません。


mark3.GIF 網膜
網膜色素変性症(網膜に変性が起こり、視力が低下する病気)と診断された人。


mark3.GIF 医師に伝える
他の医療機関を受診する際は、バイヤグラを使用している事を申し出るか、何らかの方法で医師に伝えるようにする。


mark3.GIF 性的な刺激が必要
バイヤグラは、催淫剤(性欲増進を目的とした薬)ではありません。性的刺激を受けなければ勃起しません。


mark3.GIF
バイアグラの服用後は、自動車や機会の運転操作には注意して下さい。


mark3.GIF 1日1回
バイヤグラは、性的行為の1時間前に服用し、1日1回までで、次の服用は24時間以上あけてください。


mark3.GIF その他
7ヶ月以上前に、心筋梗塞や脳梗塞、脳出血をおこしたり、現在、狭心症、心不全、心筋症など心臓血管の病気を治療してる人は、医師の診察を受けた上で、慎重に飲む必要があるということです。医師の判断でバイヤグラは飲めないというケースもあります。




◆バイアグラと他の薬の飲み合わせの注意点


ニトログリセリンなどの硝酸薬、NO(一酸化窒素)供与薬との併用は絶対にいけません。
また、ニトログリセリンよりも危険度は低いのですが、「飲み合わせに注意が必要な薬」として、次のような物があります。
チトクロームP450 3A4阻害薬(制酸薬のシメチジン製剤、マクロライド系抗生物質のエリスロマイシン製剤、抗真菌薬のケトコナゾール製剤およびイトラコナゾール製剤、抗ウイルス薬のリトナビル製剤及びメシル酸サキナビル製剤など)、チトクロームP450 3A誘導体(抗結核薬のリファンビシン製剤など)、また、ベシル酸アムロジピン製剤などの降圧薬、カルペリチド製剤の強心薬があります。