すでにご購入していただいた方から喜びの声が寄せられています。
ご購入者様の体験談の声をご覧になりたい方は
こちらから

インポ(インポテンツ)バイヤグラの効果

◆インポ(インポテンツ、ED、起障害)には、バイヤグラ


ED(インポ、インポテンツ、勃起障害)には、バイヤグラ


mark3.GIF バイアグラの効果


インポテンツ・インポのED治療で、今最も使用頻度の高いのは、バイアグラです。


バイアグラの出現によって、インポテンツ・インポ(勃起障害)治療現場大きくかわりました。
全体の70~80%の患者さんは、バイヤグラを飲んで改善するからです。


製薬会社のデータでは、糖尿病や脊髄損傷、前立腺手術などで勃起障害になった男性の3分の2に効果があったと言われています。


しかし、勃起のメカニズムに関係する神経系や各器官のうち、どの部分が障害をうけているかにより、バイヤグラでも効果が期待出来ないケースもあります。それだけでなく副作用もあります。
特に、心臓病や糖尿病による動脈硬化症の患者さんには致命的な副作用の危険性があります。


mark3.GIF バイアグラの効果のメカニズム


服用する際には医師の処方により、万全の注意を払う必要があります。
ここで、バイヤグラがどのようにして勃起メカニズムに関与しているかを、ご説明します。


勃起は、最終的に陰茎海綿体に血液が充満して起こります。
海綿体の働きを調整しているのは海綿体神経です。この神経には勃起を促す信号物質と、勃起を鎮める信号物質があります。


勃起を促す物質がアセチルコリンや一酸化窒素(NO)などです。
バイアグラ(一般名シルデナフィル)は一酸化窒素の働きで増加した海綿体のなかの血流を増やして勃起状態を保つ物質(CGMP)を分解するホスホジエステラーゼ5という酵素の働きを阻害します。
その結果、CGMPが長く分解されず、勃起状態が維持されるというわけです。


もともと、降圧剤として開発している過程で副作用として勃起がおこることが、この薬の発見のきっかけでした。


従って、血管拡張剤であるニトログリセリンを常用している心臓病の患者さんは、相乗効果によって急激な血圧降下を招く危険性があります。
また糖尿病による動脈硬化症の患者さんや高血圧気味で心臓の働きが低下している60歳以上の高齢者が安易に服用すると心筋梗塞などを起こしやすく危険です。




mark3.GIF バイヤグラの値段


このようなことから、医師の指導を受けながら、服用する要処方薬として承認されているわけですが、医療保険適応外の薬であるために、25ミリグラムが1錠1100円、50ミリグラムが1錠1300円位。


また、心臓病のチェックをする心電図検査や動脈硬化症のチェックのための血液検査など処方前検査も保険外では数万円かかります。


使用にあたっては必ず医師と相談し、正しい診断をうけた上で、処方してもらいます。
海外ツアーやインターネット販売などで入手することはできますが、自分勝手な判断や興味本位による服用は絶対にやめるべきです。


※バイアグラは、必要なときの30分~1時間前に飲めばいいだけで、常に飲み続ける必要もない。1錠で4時間は十分に効果が持続する。